おたからやでの切手買取体験談

おたからやを利用した結果

自宅の大掃除をしていた時に、押し入れから大量の切手が出てきたのですが、昔、祖父が切手収集をしていたとの事です。

 

しかし、今となっては自宅に居る誰も切手の価値も解らないですし、邪魔にもなるという事で捨ててしまおうという話になります。

 

捨てるのは勿体無いと感じて、どこかで引き取ってもらったり売却出来ないかと考え、ネット検索すると買取業者のサイトを見つけました。

 

所持していたものは通常のものや、特定の時期に発売された記念品、海外のものが合計で2000枚程あり、専門買取業者に査定依頼しないと価値が解らないので、査定依頼を行います。

 

幸い出張査定に来てくれる業者があったので、自宅まで査定に来てもらったのですが、中国切手が高額査定買取に繋がりました。

 

天安門、パンダ、牡丹、これらが表記されたものが最も高額になり、1枚1万円前後で取引されたものがあります。

 

中国のものが査定額の大半を占めたもので、他のものはそれ程高く値段が付かなかったのですが、査定合計で20万円程になったのでゴミと思っていた事を想定すればお得感が強かったです。

 

押入れの中に眠っている古いものは、それ以降は何でも査定に回すようになりましたし、需要は専門の人が見ないと解らないものだと実感しました。

 

いずれにしても不要なものを処分出来てお金にも変える事が出来たのはメリットが大きいですし、後で気が付いたのですが、こうした査定は写真添付で業者に送れば簡易査定してくれますから、複数社に査定依頼が有効です。

 

複数社に査定依頼する事によって比較検討出来ますから、最も高く評価してくれる業者を見つけての取引が望ましく、今回の商品も別の業者ならさらに高くなった可能性もあります。